冠婚葬祭の服装について

冠婚葬祭の服装や靴に悩む人は多いことでしょう。
しかし、基本事項を知っていればさほど悩む必要はありません。
まず結婚式は、特に強い決まりはないですが、華やかな服装を心がけましょう。
黒や紺のスーツを身につける場合は、それだけでは暗い印象になってしまうので、コサージュなどで豪華さをプラスするとよいです。
男性の場合も胸元のポケットにハンカチーフをさしたり、おしゃれなネクタイピンを使用するなど、いつものスタイルより少し派手目を目指しましょう。
一方お葬式では、地味な服装が基本です。
黒い喪服・スーツで、靴やカバンには金具のないものにしましょう。
アクセサリーも真珠のみで、質素な装いが決まりです。
男性は黒い喪服に黒いネクタイのみです。
派手なものでなければ時計くらいは身につけても大丈夫です。
以上のように、基本の事項を覚えておけば、冠婚葬祭の身なりに困ることはないです。
その場に適したスタイルをし、マナーある大人として振舞いましょう。