冠婚葬祭の服装はこれで大丈夫。靴のマナー(女性編)

冠婚葬祭で、服装は気をつけていても、意外と知られていないのが靴のマナーです。
例えば結婚式では、つま先の開いていないパンプスでないといけません。
ですのでミュールやサンダルなどはマナー的によくありません。
また、案外冬に見かける機会も多いのですが、ブーツも正式な場ではカジュアルすぎるので、選ぶのを避けましょう。
アニマル柄や毛を使った素材のものも、殺生を連想させますので、避けたほうがよいでしょう。
そしてヒールも適度に高さがあるものを選びましょう。
次にお葬式ですが、エナメル素材のような光沢のあるものはいけません。
そして色はもちろん黒色です。
結婚式のときとは反対に、ヒールの高すぎるものはよくありませんので、低く太いヒールの靴を選ぶとよいでしょう。
知っているようであまり知らないのが冠婚葬祭での服装のマナーです。
いざというときに恥ずかしい思いをしないように、服装と同時に靴のマナーも忘れずに覚えておくとよいでしょう。